横沢史穂のブログ

祖父が、ラバウルで負傷した陸軍の傷痍軍人でした。左右のイデオロギーに関係なく、戦争経験者の話を中心に編集したいと思っています。

旧軍人 インタビュー ああ 海軍航空隊 🌸 一式陸攻撃 搭乗員

天野環先生
 
大正11年(1922年)6月26日お生まれの天野環先生。松山ご出身で丙飛五期。
 
昭和17年1月1日に、木更津へ。そこから同年4月1日に三沢航空隊に入隊します。
 
天野先生は、昭和17年4月18日の東京初空襲の時に、一式陸攻に魚雷を抱いて三沢から木更津・霞ヶ浦から三沢を経て、千島列島まで敵空母を探しに出撃しました。
 
その後は木更津からウェーキ島に行き、そこからミッドウェーの雷撃に向かい、その後にサイパンを経てラバウルに進出しました。
 
昭和17年8月7日、米軍は突如ガダルカナル島およびツラギ島に上陸。
 
坂井三郎先生が長く戦線を離脱するほど負傷を負ってラバウルに帰還したのもこの日です。
 
昭和17年8月8日、「第一次ソロモン海戦」。
 
同日、三沢航空隊の一式陸攻9機を四空の零戦18機が護衛する形で、ラバウルに到着したばかりの天野先生は一式陸攻に乗り込み、ガダルカナル周辺の敵輸送船団撃滅に向けて出撃します。
 
海面スレスレで敵のド真ん中を突っ込み、しかも手前で反転しないのでそのまま突っ切るのが、一式陸攻の雷撃です。
2015年12月インタビュー
 
 
…(敵輸送船)の1キロ手前で魚雷を落とす。反転しないでそのまま突っ込むんよ。敵の顔も見えるよ。
前からも後ろからも、ビュンビュン弾が飛んできよる。
ワシは機の中で機銃掃射しとった。97連発の弾装を、打ち終わったらすぐ替えるのよ。手の皮がむけたよ。撃ってる時に頭が飛んできた。
ほいで「機長が(場所を)変わってあげよう」いうて、ワシは右の側方に移った。
 
じゃけども機が墜落して、機長もみんな死んでもうて、助かったのは二人だけじゃ。
海で戦友が、「天野伍長、死ぬなよ」いう声が聞こえてきた(※当時天野先生は、「天野伍長」とあだ名されていました)
 
サメは弾より怖かったよ。サメに左手を噛まれたので、抱き寄せて蹴り飛ばしたよ。そこで気失って、手が痛くて気がついたら、医務室にいた。敵に拾い上げられたんじゃ。
ワシは全身包帯やし話せないから、手ぶりで「はよ殺せ殺せ」言うたよ。
 
…天野先生はそのまま、ニュージーランドウェリントンの病院へ移送されてそこで「フェザートン事件」が起こります。この話も壮絶ですが、ここでは割愛します。
最後に、天野先生に長生きの秘訣をお聞きしました。
 
人間いうもんは、神様じゃないけん。弱点もあれば、いい所も悪い所もある。
 
だから、人の悪口を言うたらいけんのじゃ。
「あの人いやよ」言うてね、悪口は絶対言うたらあかん。
(他人の)悪口を言うたら、必ず自分もまたどこかで、誰かに言われる事になる。
 
他人の悪い所を見たら、その人の事を悪く言うんじゃなくて、反面教師にして、「じゃあ自分はこういう事は止めよう」と思えばいいんじゃ。悪く言う必要ない。 
 
だから悪口を言うなら、褒めて…。そこを、いい所だけ見つけて、いいように、いいように、じゃね。
 (他人を)褒めてあげたら、自分も又どこかで褒められる。因果応報。和気藹々でね、皆さんと。
 
それとね、もうひとつ。
何をやるにしても、自分より上の者。上の者とお付き合いをしないと、自分が伸びんのよ。
囲碁でも将棋でも、自分より上の者とやったら、伸びて行く。
趣味が無い人間は、いかんよ。
 
ワシ、よく講演会に行くんじゃが、どんな講演会かと言うと…。
(テーマは)「健康で長生きする」「人様に迷惑かけん様に長生きする」
それにはどうするか。
人は「食」によって変わるんじゃ。薬どころじゃない。
栗は膵臓炎の予防。鉄分は野菜の8倍。だから栗はドンドン食べなあかんのよ。それでワシ、体にいい事を全部書いた。
 
それと人間はね。120歳までは生きられるようになってると思うんよ。
じゃが、睡眠不足と暴飲暴食は地獄行き。早く死ぬの方向へ、自分の体を自分で自滅させよる。人は自ら死んだらダメなんよ。
生まれたという原因があったら、必ず死ななあかんのよ。そういう因果の中に生まれてる。
 
100歳は目標にしとかないかん。
120歳は、ワシの目標。せっかくこの世に生まれたらね。人間は自分で死んだらダメなんじゃ。
 
地獄の戦場を生き抜いてきた天野先生のお一言一言は、本当にどれも重く、深いものでした。
私も先生から教わった事を腑に落として、日々を大事に生きて行こうと思います。